意外な観点からカナダ留学について考えてみる

外国留学する際、最初に国を絞っていない場合は何を決め手として選び出せば良いのか分からない場合が多々あります。

各国へ留学する際の様々な利点を調べるところから始めて最終的な判断を下すことになりますが、意外な観点や関係性について着目すると、ステレオタイプな留学先の絞り方では及びもつかない恩恵が得られることに気付いたりします。

最近人気が拡大しているカナダ留学は、そうした意外性からも選ばれている側面があります。

留学先を判断する際の基準の一つに「移民の多さ」があります。
移民が多いと他国の人間を受け入れる素地があるため、留学生であっても疎外されることはなく伸び伸びと学習・生活ができるという観点から重要視される指標ですが、概して移民の率が高いと治安が悪化しやすいというデメリットもあります。

カナダ留学はとっても評判が良くて有名です。

従って移民率と治安状況を両てんびんにかけて留学先を選ぶ必要もありますが、そのてんびんを大きく逸脱するのがカナダ留学なのです。

カナダは人口の半分を移民が占めるという移民大国であるにも関わらず治安がとても安定しているという、他には類を見ない国なのです。



その理由は、とても温和でゆったりしているというカナダの気質に由来しています。


外国留学においては、表面的なメリットのみに目を奪われていては想定できないデメリットが存在する場合があります。

特徴のある教えて!gooついて詳しく説明しているサイトです。

もちろんカナダ留学にもこうしたデメリットは存在しますが、それでも他国と比した場合、満足度が高い留学であることは間違いないと言えます。